新年のご挨拶

新年明けましておめでとう御座います。

今年も気が向きましたらどうぞ宜しくお願い致します。

2018年。全く何も決まっていないままのスタート、です。

時は待ってはくれないので動くしかないのだけれどもう無理は勘弁、です。

なのでゆっくりと行きたい、と思っておりますので

どうぞ気が向きましたらコチラ辺りでチェックしてみて下さい。

どうぞ良い1年を。

d0264248_20505707.jpg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-01-01 20:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

長い長い、とっても長かった2017年。

やっと終わるってのに。
なんも解決もせず、いろんなモン引きずったまんま、背負い込んだまんま新年迎えようとしてるのも初めてかもしんない。

どうにか生きてるだけ。

どうなる事やら。

まァ。表面上は息してるからいいや。

今年も沢山有難う御座いました(後半は殆どネガティヴな投稿ばかりでしたが)。

感謝。

d0264248_16521061.jpg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2017-12-31 16:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

高円寺のクリスマスイヴ

3か月ぶりに高円寺に降りた。

3か月前、ワンマンライブで大コケして以来だ。
それ以来ライブは他の場所で1回くらいしかやらずに今年の音楽活動は終わったきりだった。

久しぶりの高円寺。

申し訳ないけれど相変わらず客席はガラガラのまま3組のブッキングライブは定刻通りに、”本日は寒い中をご来場下さり有難う御座います”、と丁寧にキチンとアナウンスされ始まりトップバッターの方が生ギター1本で唄い始めた。

丁寧に一音一音弾き、丁寧に一言一言唄っている。
曲が終わる毎にガラガラの客席に向かい、”有難う御座いました”、とMCを入れる。


久しぶりの高円寺。

たった3か月の空白にもかかわらず、自分もこのお店に出させて貰い、どんな状況であろうとお店と一体になり、毎回ステージに立っていたのだ、と。


3か月前。

初めてのワンマンライブ。お客は13人だった。
本当はこの倍以上のお客を呼べなきゃワンマンとしては大コケもいいところだ。
だからどんなに準備も万端に本番も上手くやれたとしても数字だけ取り上げられてしまえば興味のない人にしてみたら大失敗だ。

圧倒的に後々云われたのが、”もっと近場でやってよ”、だった。
でも本当に興味があって観に来たければ飛行機に乗ってでも来る筈だ。

とあるライブハウスに出ていた時、何度も呼んでも来ない客がその同じライブハウスに出てるとある有名人のライブにはワザワザ予約まで要れて観に行っていた。
これだってオレには興味もないけれどその有名人には興味が、価値があるからなんだろう。

別に非難してる訳じゃなくてそれが当然なんだな、と。

オレにそこまでの力が全くないだけの事。

本当に来たきゃこちらからメイルだのSNSだのという名の迷惑行為をしなくたって捜して来る。


3か月ぶりの高円寺。

久々のお店の挑み方、同じステージに立つ出演者達の挑み方を観てコレは続けてなくちゃダメだな、と思った。
それは高円寺に限らず。何処ででも。

今日、高円寺に無理してでも行っただけでもどうにか繋がった、と思ってる。

もうクリスマスイヴだってのに、だぜ。


d0264248_23552712.jpg









[PR]
# by hagiryohagiryo | 2017-12-25 00:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

相変わらずな1週間

相も変らず事故らず倒れず死なず、な1週間だった。

我ながらこの、しぶとく、図太とく、デリケートの欠片もない無神経な根性をもっとどこか別の場所で使えないものか?と。

どうなっちゃうんだろうなァ。

全く先が見えてこないや。

今朝、仕事中に気分転換に、とワザワザ遠回りして渚橋から観た富士山と江の島。

もっとノンビリと飽きるまで眺めていたかったけれど現実は信号待ちの時に写メっただけ。

信号が青に変わった途端、現実という険しい道を忙しくフルスピードで走り出すしかない現実。

気分転換にもなりゃしない。

もっと呑気に。もっと楽チンに生きたいもんだね。



d0264248_22404251.jpg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2017-12-22 22:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2017年の唄い納めだった。
本当は今年の12月はもうLIVEを入れない予定だったのだけど。

若い頃、水泳のボランティアで参加した事がある横浜の、”障害のある子も障害のない子も共に暮らせる地域を目指す”、「赤いくつ」、というグループの方からご連絡を戴き、”クリスマス会で何かパフォーマンスをしてほしい”、と誘われ、何より僕が音楽をやっていた事を憶えていてくれた事が嬉しくて場違いだろうと二つ返事で出演する事になりました。
僕は正直、今もボランティアなど興味もなく、すすんでするような輩でもないのだが、何故かこのグループにはやはり音楽が縁でちょくちょく顔を出していた。(奥さんともここで出会った)

僕はどんな場所であろうとずっと川崎の唄を、オリジナルを今も唄い続けている。

当然、今回も事前に、”クリスマスの唄や皆が知ってる、皆が唄えるようなカバー曲は一切唄いませんが”、と自分の偏屈な拘りを予め伝えての参加となった。
一方で、”イイトシこいてまだガキみたいな事言っちゃってるなァ、オレは”、とも心の何処かで感じながら。

セトリも完全オリジナルで会場に着いた。

そして本番。

12月16日(土) ハギリョウ セットリスト

OP~ジングル・ベル

1、南武線ブルース

2、川崎観光バス

3、天気予報のないまち

エンディング~赤鼻のトナカイ
(あいだの3曲がかなり場違い&どギツイ、、、けど川崎観光バスでは手拍子、南武線ブルースは歌詞が実に受けてたよ~苦笑~)

、、、、、最初と最後に即興でクリスマスソングのど定番を選んだ。

なんでだろう?

決して自分を曲げた訳でも、ない。

咄嗟に即興でこんな事も出来てこそ自分の目指すべき事のような気が瞬間的にしたんだ。

勿論、会場に居た皆さんにも大合唱、手拍子で参加して貰った。


会場入りする前に、”クリスマスソング1曲も唄わない代わりにコスチュームくらいはどうにかしよう”、と百均でサンタの帽子を買った時点で自分が音楽を始めたキッカケ、ドキドキワクワク、って事に繋がって、ずっと憧れだった昔の手慣れたハコバンみたいになんにでも対応しちゃうみたいな何かを改めてやってみたかったのかもしれない。

実は最初は迷っていた今回の参加、なんか今年の唄い納めに自分の原点に改めて戻ったような気がしてよかった。

来年の予定は一切ないけれどずっと続けよう。

ハイ。来年も全く理解されなくとも。相変わらずやります。

いつか必ず。
d0264248_20261734.jpg



[PR]
# by hagiryohagiryo | 2017-12-16 20:41 | LIVE後記 | Trackback | Comments(0)