まだ2016年ですが、、、(苦笑)

新春2017年、ハギリョウLIVE情報を(爆)。


@新春崎陽軒シウマイ付LIVE

2017年1月7日(土)開場19時、開演19時半。高円寺アローンk-alone.com
出演:ハギリョウ、さいとうかつや、さいとうひろみち。
チャージ1500円+ドリンク代(500円~)※崎陽軒シウマイ付。


@KITERETHU NIGHT inいわき(←イヴェントブログ~ameblo.jp/kiterethu-night

2017年1月28日(土)いわきバロウズclubsoniciwaki.jimbo.com/musicbar-burrows/
チャージ1500円。開場16時。
福島在住のぶっ飛び時計作家KITERETHUさんkiterethu.com主催のアート&ミュージックごった煮な!?ぶっ飛び企画!!なにがどうなるかワカラナイすごいイヴェント!!詳細は上記ブログ、直接お店のスケジュールで確認下さい。※関東からはハギリョウ、坂井ライ、今田志乃が参加します。いわきの盟友アーティスト、吉田善二郎も急遽絵画展示で参加!!

d0264248_1947562.jpg

d0264248_19472671.jpg


まだまだ12月ですが見切り発車ですがすでに来年に向けて燃えとります!是非来年も宜しくお願いします!!
[PR]
# by hagiryohagiryo | 2016-12-07 19:53 | LIVE情報 | Trackback | Comments(0)

ハギリョウ、2016年最後のLIVEが12月4日(日)に碑文谷アピア40apia-net.comにて無事終了しました。

今年の目標は自分の育ったこの碑文谷アピア40と、そして高円寺アローンk-alone.comの2か所交互で毎月LIVEをやる!、と決めていて達成できたので良かったなァ、と。

1年のLIVE回数が12回(実際はお手伝い、別の場所等あったけれど)、、、、、。
やってる人は毎日のようにやってるのも勿論知っているし、都内以外あちこち遠征してる人も沢山いる。
正直12回、って少ない、よね。

でも自分の置かれた今の様々な状況など考えるとコレでもよくやったな、と(苦笑)。

内容が良かれ悪かれ実に毎回毎回濃厚だった気がしています。
悪い時はもう恥ずかしくて限界かな?と思ったし、良かった時でも、”次回は更に良くしなきゃな”、とか。
まぁそれがLIVEですね。


そして。
今年最後のLIVE、、、、、、。

30年振りにベースに何曲か入って貰った。
碑文谷アピア40がまだ渋谷にあった1986年当時、オーディションを受けに行った時に出会って以来の仲の横山幸雄さんと今年30年振りに再会できて30年振りに(場所は渋谷から学芸大学~碑文谷~に変ったけれど)ステージに立てたのがものすごく嬉しかった。

そんな事も重なり、今年最後のLIVEは実にリラックス且つ、静かなテンションで終える事が出来た、かな?
会場のリアクションもまずまず、だった。

自宅でさらりと弾き語ってるように本番も出来ないものかなァ”、という永遠の課題も少しだけ初めてクリアできてきたような気がしています(それは先月の高円寺アローンでのステージから少しづつ現れてきていた)けれど果たして実際会場で体感していた方にはどう伝わっただろう??

とにかく30年振りに横山さんと一緒にステージ立ててすごくリラックス出来た。
どうもありがとう。

30年前、僕は実家の家業の関係で渋谷アピアでの横山さんと御一緒したLIVEやリハーサルが終わると一目散に電車に飛び乗り11時半までに元住吉に帰る、というのが日課だった。

そして30年振りに御一緒した今回、気が付いたら偶然にも30年前と同じ時刻に元住吉に着いていた。なんだか物凄く懐かしい感じがした。
どうもありがとう。

もうすぐクリスマスですね。
d0264248_1653016.jpg


今年も1年LIVEを続ける事が出来ました。
SNS等で気に掛けて下さった方々、会場に足を運んで下さった方々、お店のスタッフの方々、共演者の方々、、、、、そしてそして。我が家族に感謝しています。
どうもありがとう。

2016年12月4日 ハギリョウ セットリスト

1、天気予報のないまち
2、川崎観光バス
3、南武線ブルース
4、モトスミ オン マイ マインド
~以上ハギリョウソロ~

~以下with横山幸雄on bass~
5、ふぉれすとこぉひぃしょっぷ
6、ハッピーメリークリスマス
7、臆病者
~アンコール~
8、ミスタートムソン(即興)

※今回30年振りの再会のキッカケを作ってくれた、この日共演者でもあった廣瀬康子さんより撮っていただきました。
どうもありがとう。

d0264248_16142327.jpg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2016-12-07 16:25 | Trackback | Comments(0)

30年振りづくしの渋谷

30年前、ハタチの僕は渋谷のライブハウスにオーディションを受けに行った。
30年前、ハタチの僕は渋谷のそのお店で唄い、バンドにも参加して毎日のように渋谷に通った。

そのバンドで出逢った方と今年30年振りに再会し、この度30年振りにまた一緒にステージに立つ事となり、
30年振りに渋谷でリハーサルをする事になった。


30年前、その方と何度も通ったスタジオが現存していて予約が取れた。

d0264248_025560.jpg



渋谷はご存じの通り変わり果ててしまっているけれどそのスタジオは30年前と変わらぬ場所で内装や料金なども殆ど30年前のままだった。

30年前に入ったスタジオで30年振りに再会した方と30年前一緒に演奏した曲達を奏でた。

d0264248_032069.jpg


そういえばこの30年づくしの渋谷へ元住吉から出かける時乗った東横線は渋谷行だった。

d0264248_052872.jpg


と云う訳でハギリョウ次回のLIVE~12月4日(日)碑文谷アピア40apia-net.com18時半開場19時開演。チャージ1500円+飲食代。出演:川上龍一、廣瀬康子+石川イチロウ+横山幸雄、ハギリョウ(ハギリョウvo,g+横山幸雄b,cho)、イシガミ~は2016年最後のLIVEとなり、30年振りにベースを入れてやります。

是非是非2016年最後のハギリョウLIVE、30年振りに共演するハギリョウ&横山幸雄さんのステージを観に来て頂けたら嬉しいです。
[PR]
# by hagiryohagiryo | 2016-11-29 00:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ムーンダンサー、ってバンド、ご存知だろうか?

1978、79年頃デヴューした日本のバンド。
誤解を承知で解り易く言えば日本で初めてのプログレヴィジュアルバンド、かもしれない。
もっと解り易く説明すると元VOWWOWキーボード~忌野清志郎矢沢永吉などのバックも務めた厚見玲衣さんが中心となり結成されたバンド。(厚見玲衣ウェブサイトatumic-rooster.org/

この度そのムーンダンサーと解散後厚見さんが結成したタキオンの未発表音源集が出た。
@ムーンダンサー/タキオン 未発表音源集『トリロジークロニクル1977-’81』www.strange-ds.com/?p=5718
d0264248_15405023.jpg

d0264248_1541770.jpg





僕はこのバンドに何故か近くて遠い不思議な縁?が三つほどある。

@ムーンダンサーと近くて遠い不思議な縁。先ず一つ目。~
僕が今もこうしてヘタクソながらに音楽活動を続けてるのは小学校の頃に2番目の姉が聴いていたCAROLでロックに目覚め、’78年に中学入学記念に行った人生初のロックコンサート、裕也サン主催のジャパンロックフェスティバル’78in日比谷野音で偶然観たハルヲフォンに感激してバンドを始めたのがキッカケだったのだけどその翌年、1番上の姉が、”中学時代の同級生の男の子がバンドでプロデヴューした”、って騒いでいて、僕はビックリしてしまった。
こんな川崎の片田舎から!?姉貴の同級生が!?我が母校出身者がロックバンドでプロデヴュー!?”、と(苦笑)。
でも当時はそれくらいショックだった。

それがこのムーンダンサーでベースを弾いていた下田展久サンだったのだ。
しかも下田サンの妹は当時僕と同級生だったので、”こんな身近にロックバンドでデヴューした人がッ!?”、などと勝手に僕は興奮してしまったのだ(爆)。

そんな事がキッカケですぐに地元のマツオカ楽器店にレコードを買いに行き、”よし!決めた。この次にこの町からプロデヴューしてやる!”、と繰り返しムーンダンサーのレコードを聴いていたのでした(呆笑)。

だから今思うと僕がこうして今も音楽を続けているのはCAROLハルヲフォン(←裕也サン絡み)と、そしてこのムーンダンサーのお陰なのかもしれない。


@ムーンダンサーと近くて遠い不思議な縁。二つ目。~
ギターすらまともに弾けもしないクセにプロデヴュー夢見て(爆笑)バンドを組み、勉強もろくすっぽせず高校受験もしない宣言しながらも担任に、”せめて高校だけは出ておけ”、と言われ仕方なく定時制高校に通っていた或る日、宮前正樹(日本画出身のアーティスト。故人。彼に関しての情報は非常に薄くて少ない。最近の情報を参考に→magcul.net/event/koganecho-bazaar-20150805)、という非常にぶっ飛んだ美術の非常勤講師が学校にやって来て何故か僕は意気投合してお互いの家に行き来して話し込んだり僕のバックでギター弾いて貰ったり(今思うと恐れ多い事頼んだものだ~苦笑)稲田堤のご実家に御邪魔したりしてるうちに、その宮前正樹非常勤講師がムーンダンサーの厚見さんと同級生だった、という事を教えられビックリした。

その何年後、宮前正樹氏が原宿で個展を開いた時、厚見さんがVOWWOWの人見さんと遊びにいらしていて、宮前氏厚見さんに、”こいつも川崎のスター楽器使ってたんだよ”、と僕の事を紹介してくれた事があった。
”スター楽器”(は昔、南武線沿線や川崎には結構あった、リハーサルスタジオも併設された楽器屋さんだった)、と聞いた厚見さんのリアクションがとても懐かしそうだったのを憶えている。初対面のど素人の僕にも気さくに話かけて下さった。

@ムーンダンサーと近くて遠い不思議な縁。三つ目。~
(コレは縁と云えないかもしれないけれど)
そのうち一人暮らしだなんだと引っ越しを繰り返すうちに大切なムーンダンサーのレコードが無くなってしまっていた。そんな何年後にヤフオクでムーンダンサーの1stが出品されていて迷わず落札したのだけど出品者の方がとても良い方でやりとりをするうちに定価や最高落札金額よりも安価で譲って下さり、その後も何度かメイルのやりとりなどさせて貰う仲にまでなり、丁寧に届けて下さった超美品のムーンダンサーのレコード(状態が素晴らしかった)の懐かしいサウンドとともに良き思い出がまた一つ増えたのでした(出品者のハムハム様、お元気にしてらっしゃるかなァ)。
@落札したレコード。
d0264248_1628772.jpg


そして。そして。オマケの?
@ムーンダンサーと近くて遠い不思議な縁。ラスト~。
ムーンダンサーのステージは1度だけ観た事がある。
それは僕が生れて初めて体験したロックコンサート、裕也サンが主催したジャパンロックフェスティバルの’80年の回で(僕はこのフェスティバルに毎年行っていた)。
ムーンダンサーはオープニングに登場した。
当時は持ち物チェックなんてなくて写真は取り放題、録音も毎年オンボロのラジカセ持参で堂々としていた(余りに度が過ぎると力也サンとこの若いのに怒られた。実際一緒に行った友達はステージに上がり写真を撮っていて追いかけられそうになった~爆笑~)ので当然ムーンダンサーのステージも録音していたのだけど残念な事にそのカセットテープも写真も度重なる引っ越しのせいで何処かにいってしまった(悲)。

そして今回、この未発表音源を聴いてみてその1度きり観たムーンダンサーのセットリストが蘇ったのだ!

@1980年5月3日、日比谷野音ジャパンロックフェスティバル’80、ムーンダンサーセットリスト。

1,Opening Theme
2,Seiren
3,Curtain Call Song
4,トラと花束
5,Fool on the Hill
6,アラベスク
7,Fly Up!今

※5,6はもしかしたら逆、だったか?
5のカヴァーは下田さんのリードヴォーカルで途中、厚見さんは、”Hey,Jude"、のコーラス部分をミニムーグ(マイクロ?か。コルグ800DV?)でアドリブチックに入れたりしていた。
2,Seirenでは各々が担当楽器で短いソロを弾くんだけど下田サンは何故かその時お葬式のフレーズを弾いていたのも思い出した(爆)。

こんなふうに忘れかけていた記憶をも蘇らせてくれた今回のムーンダンサー(タキオン)の未発表音源&LIVE盤

ライナーノーツの中で厚見さんは愛情たっぷりに、”メンバーみんな川崎出身の平民なんですが(爆笑)”、とおっしゃられていて僕はとても嬉しくて、このバンドは川崎の誇りだ!って思ったのでした。

d0264248_17144263.jpg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2016-11-14 17:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

今年最後の高円寺

高円寺アローンk-alone.comでのLIVE終了しました。

アローンでのLIVEはこれが今年最後、という事もあり、どうなることやら!?とハラハラドキドキでしたが帰宅してつい先ほどのLIVEの映像チェックして一人反省会も終了しました。

共演者のヨシノリアキさん、Kaoriさん、マスターのゲンさん、観に来て下さったお客さん、SNS等で気に掛けて下さった方々、そして。我が家族に感謝。

決して良い演奏ではなかったけれど今年のアローンでの良い部分も悪い部分も地味に?ひっくるめた、ごった煮になったLIVEだったような気がしています。良い言い方をすれば総決算だった、かな。細かい課題、反省は沢山あるけれどこんなふうに2016年のアローンLIVEを締めくくれて気分いいです。

アンコールも含めて若い頃の作品を中心に聴いて戴きましたが会場の皆さんが何か感じて下さっていたならば嬉しいです。

本当に有難う。

次回、12月4日(日)碑文谷アピア40apia-net.comでのLIVE(今年の夏、スナック生音LIVE~当ブログ記事、”51歳と1日目にして人生初スナックでのLIVE!hagiryo.exblog.jp/23396229/参照~に誘って下さった廣瀬康子さんと共演です)がハギリョウ、2016年最後のLIVEとなります(3曲ほど昔御一緒したベースの横山幸雄さんと実に30年振りに!一緒にやります!)のでどうぞ宜しくお願いします。

d0264248_2385283.jpg


@ハギリョウ セットリスト

1、臆病者 1989年作

2、ドライヴ 1989年作

3、タイミング 1990年作

4、ミスタートムソン

5、ふぉれすとこぉひぃしょっぷ

6、モトスミ オン マイ マインド

~アンコール~

7、僕と君の唄 you&me song(旧題名、関係) 1989年作

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2016-11-13 03:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)