天気予報のないまち

年々、微妙な温度差や気候の変化に過剰に反応するのは果たしてトシのせいか。
夏は夏で冬は冬だったはずだ。
身も心も追いついていかない。
今朝、虹を見て歓喜していたら不意の雨に打たれ霧に阻まれ辿り着いたら青い空、、、
此処は天気予報のないまち。
d0264248_16473930.jpeg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-06-27 16:48 | 日記 | Trackback | Comments(4)

ボーイ A.boy

なんだか随分シンドイ世の中だ

なんだかどんどんみんないなくなっちゃうや

なんだか時間だけが勝手に過ぎてくね

なんだかますます止まったまんまがいいや

写真の中で

記憶の彼方で

想い出の中だけが唯一

現在(今)のシンドさとは無関係な時が流れてるよ

全てが楽しそう

いつからこんなになっちゃったのだろう

死なない限りは生きて行くのだけど

それにしちゃあなんだか随分シンドイ世の中だ

でも

もう頭を優しく撫でてくれる大人はいないよ

もう僕等の番なんだ


僅かな事を

些細な事を

一瞬の出来事を

笑えたり楽しんだりして

死なない限りは生きて行く

クライ、な

もともとアカルクないんだし

まぁいいや

とりあえず
d0264248_18270608.jpeg





[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-06-12 18:04 | 日記 | Trackback | Comments(4)

休みの日に特に予定もなく家でゴロゴロしてるくらいならどこか出かける主義なのだけど特に趣味もないからそんな時は当て所なく気の向くままふらっと出かけてしまう。

昔からそうだ。

そんな今日はなんだか自転車で出かけたくなり、20代の終わり頃にやはり自転車でふらっと出かけた事がある鶴見川河口にある貝殻浜に気がついたら到着していた。

もとは漁師町。四半世紀以上前に来た時は加工したあと捨てていた貝殻で出来上がった真っ白な干潟が見事でさびれた町並みの軒下には蟹も沢山いた。でも久しぶりにきてみたら当時と全く変わっちゃっててさびれた町並みも干潟も綺麗に整備されちゃっていた。

辛うじて貝殻の白い干潟だけが残っていた。

四半世紀以上前からやることなす事変わらない相変わらずさえない自分。
四半世紀以上とはすっかり変わり果てた町並み。

帰り道、〝あぁ。どうなっちゃうんだろな、自分。相変わらずこんなんじゃ行く末ヤバいなぁ。でもなるようにしかならんしなぁ〝、と自問自答しながらも変われないまま帰宅したよ。
d0264248_15115621.jpeg


[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-06-09 14:49 | 日記 | Trackback | Comments(8)

キンクスの曲にキーボーディストのニッキーホプキンスの事を唄った(セッションマン)という曲がある。

英語がまるでダメなんで(苦笑)どんな内容なのか解らないけど、、、多分こんな感じか、、、?

〜ホールで演奏した日を忘れないだろう
今迄こなした数々のセッション
彼はセッションマン
ロックンロールに流行歌にオーケストラ
ジャンルは関係ない
余計な事考えずひたすらあちこちで演奏する毎日
残業もせず良い頃合に帰る
彼はセッションマン〜

先日の土曜日、半年振りにギターを持ってステージに立った。
いや。ステージに立つ機会を頂いた。
2年程前に30年振りに再会し、また一緒にステージに立ち一緒に演奏出来るなんて思いもしなかったけれど音楽が縁で再び繋がって以来、訳あって個人的には今年は全く活動してなかったのだけれどこうして再々度?機会を頂いた。

30年前に教えてくれたゼムのグロリアをブッツケで演奏した。
本番前日にキンクスのセッションマンのような歌詞を思いついたので本番当日即興で唄った。

〜ハタチの頃
俺は出会った
古き良き時代の
古き良き渋谷で

何もかもが変わっちまった今も
教わった事を守ってる

その人の名はベースマン ベースマン〜

OPアクトとして会場を暖められた(と思う、よ(#^.^#))。


セッションマン。

ベースマン。

還暦おめでとうございます。

そしてまた三人でステージに立てた。

しかもブッツケで。

なんともロックンロール、でした。

感謝。


d0264248_16105223.jpeg














[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-05-21 15:24 | LIVE後記 | Trackback | Comments(8)

ガタガタ公園リハ

久々に日吉公園で練習した。
通称ガタガタ公園。

昔、ここは梅の木の段々畑だった場所。
だから公園として整備された当初は段々な様がガタガタに見えるから、と一部の人のあいだではガタガタ公園と呼ぶのが通だった(笑)
実際、地元の保育園ではお散歩の際、〝今日はガタガタ公園に行くよーッ〝、で通じていたし、日吉公園よりガタガタ公園と呼ぶ方が馴染み深い人も多いはず。

そのガタガタ公園は元々の梅畑を所有する地主さんが横浜市に寄付したか若しくは市が買い上げたかして段々畑を活かした自然豊かな緑がいっぱいの憩える公園になったんだよ。だから今も梅の木も沢山残ってるんだ。

そういえば梅畑の頂上の端っこに一本だけ白く朽ち果てた木が立っててその様がおいでおいで、と手招きしてるように見えた事からおいでおいでの木、って呼んで不気味だったけど公園が整備されるよりずっと前に山肌を削りマンションになり今となっては誰もおいでおいでの木の事を憶えている人はいないし知ってたらかなり御年配の生き証人だ(って53の俺は憶えてるし〜苦笑〜)

音楽活動を再開してから8年近くここで練習してるんだけど見晴らしも良いし今のところ苦情は来ないし地主さんも犬の散歩させながら何気に聴いてくれてる(多分〜苦笑〜)し何も言わないし何より公共の場所、他の利用者もいるし雑音騒音にならない一定のレベルくらいは保ってる意識でそれなりにわきまえてやってる。

休日は早朝の散歩コースで毎週末来てるけど練習で来るのは久々だな。やっぱりスタジオより解放感があり気持ちいいし何より久々にギターを弾いて声を出せたのが嬉しい。

これからも今まで通りガタガタ公園で節度わきまえて練習したい。

そしてここで練習できるために音楽を続けていきたい。

何れも自分次第、なんだけど。ね。
(ああ。なんだか久々眠れないからこんな時間にブログ書いてるし〜哀笑〜)

d0264248_01224064.jpeg

[PR]
# by hagiryohagiryo | 2018-05-16 01:05 | 音楽 | Trackback | Comments(2)