最後のTNR搬送お手伝い。

昨年春前頃からつい先日まで地域猫達のTNR(T~トラップ=捕獲して、N~ニューター=避妊去勢して、R、リリース=元居た場所に還す)搬送お手伝い(捕獲器、キャリーバッグを持参して実際捕獲作業をして下さる猫ボランティアさん~以下猫ボラさん~をお迎えに上がり、実際の現場まで一緒に行き、捕獲したら病院に連れて行き、退院したら引き取りに行き元居た場所に還す)をさせて頂いていましたが今回で一旦最後にする事にしました。

@今までのTNR搬送お手伝い関連の記事↓
☆猫の恩返しhagiryo.exblog.jp/21683944/
☆TNR一旦終了と御挨拶hagiryo.exblog.jp/21717771/
☆TNR~本当の終了hagiryo.exblog.jp/21728629/
☆2回目のTNRお手伝い
hagiryo.exblog.jp/22164234/

そもそもTNR、という意味すら知らなかった僕にTNR搬送お手伝いをするキッカケを作ってくれたのが休日の朝の日課の散歩の時出会ったまぶちゃんだった。

@まぶちゃん
d0264248_19552012.jpg


初めて出会ってその場で膝の上にのってくる野良猫なんて初めてだった(本当は野良猫なんかじゃないんだけどね)。
僕はそれ以来、まぶちゃんまぶちゃんのまわりに一緒にいた沢山の雌猫達に会いに行くようになり、それがTNRのキッカケとなった。

そして休日の朝の日課の散歩のそもそものキッカケは僕の地元で行方不明になり未だ見つかっていない地元の飼い猫、トキちゃんを捜す、というのがキッカケだったのだ。

@トキちゃん
d0264248_200856.jpg

@トキちゃんのブログです。是非ご一読下さい(飼い主様より承諾済)。ameblo.jp/tokiluck/

そしてそして。今回地元の地域猫のTNRをするに当たり、右も左も解らない僕の相談を快く引き受けて下さり何度も何度も我が町に足を運んで下さった猫ボラさんと出会ったのも他ならぬこの、トキちゃんを介してでした。

TNRに関わり感じた事は、猫の事なのに問題は必ず人間の問題だ、という事です。

最初のTNRの時、チラシを配ったら苦情の電話が鳴りやまず、実際に会って話を聞く度、”なんで!?”、と思う事ばかりだった。

本当はここに全て書き留めてやりたい事ばかりだけれど!本当に無責任すぎて(今も無責任な事を多分、いやきっと繰り返しています。実際)猫達には何も罪はないのです。

猫達が幸せになるのも人間次第なんです。

それでも協力して下さる、猫達を暖かい眼で見守ってくれる地域の方々とも沢山出会えました。

役所にも何度も足を運びました。

今回の最後のTNR搬送お手伝いは地域の方々がものすごく協力して下さり、猫達を元居た場所に戻す時も安心できました。

猫ボラさんに一度だけ、”ハギさんもTNRやってみたら?”、とお誘いも受けましたが(苦笑)、僕のような短気な人間にはとてもこのような繊細な持久力、忍耐力が必要とされる活動は無理だなア、としみじみ思いました。

猫ボラさんにはこの1年本当にお世話になりっ放しだった。2匹ほど預かって下さったり(並大抵の事ではないよ)、おかげでその2匹は今里親さんも決まり幸せに暮らしています。
僕が時間がない時などは自転車で1人で出向いて下さり1人で捕獲、搬送、リリースまでしてくれたり、、、、、いやいや。本当にスゴイ事です。
猫ボラさんのブログです。是非ご覧下さい!!→furau776.blog74.fc2.com/


一先ず今僕の眼の届く範囲に手術を必要とする地域猫はいません。

でもそれは僕が気が付いてないだけです。

今回の活動を最後に(と云っても僕はただ搬送しただけにすぎません)僕は個人的事情で終了する事にしたけれど。

@何匹搬送したんだろう?とにかく此処に沢山の猫達をのせた。↓
d0264248_20391512.jpg


そういえば最後の搬送が終了した時に観た夜景がやけに綺麗に観えました(まあ、例のヤリスギ!?な町の夜景だけどね~苦笑~)
d0264248_2045196.jpg


もしかしたらまた何事も無かったかのように搬送お手伝いしているかもしれない。

猫ボラさん、トキちゃん、まぶちゃん、そして今回搬送した沢山の猫達、協力して下さった地域の皆さん、本当に沢山教えて頂きました

感謝します。

ありがとう。
[PR]
トラックバックURL : https://hagiryo.exblog.jp/tb/22900135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hagiryohagiryo | 2016-02-19 20:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)